醍醐の家
・構造規模 : 木造2階建て
・敷地面積 : 237.44u
・建築面積 : 83.32u
・延床面積 : 121.73u
・所在地 : 京都市
・施工 : 原田工務店
・竣工 : 2017年
・撮影 : 岡田大次郎

敷地の周囲は穏やかな住宅地で、近くには小野小町ゆかりで知られる随心院などもあり、歴史的な風土を感じさせる名所、旧跡が徒歩圏内に点在しています。そのような土地柄を素直に受け止め、しっかりと屋根のかかった落ち着いた雰囲気の住まいを目指して設計を進めました。 アプローチの階段を登り切ったところで家族や来客を迎え入れる玄関ポーチにかかった下屋や、天窓も備えた大きな空間をつくりだすリビングにかかる屋根など、屋根があることの良さが暮らしの中で感じられることを大事にしました。
また、台所から家事スペース、洗面所、浴室と一直線に並べ、ゆとりのある洗面所には2ヶ所の出入り口を設けることで、プランに回遊性を持たせ、コンパクトで使い勝手のよい平面計画としています。
敷地内に高低差があるため擁壁分の高さの上り降りが出てきますが、その分、2階の窓からの眺望をお向かいさんに遮られることなく、パノラマ状に広がる山並みを気持よく眺めることができます。


醍醐の家_01

醍醐の家_02

醍醐の家_03

醍醐の家_04

醍醐の家_05

醍醐の家_06

醍醐の家_07

醍醐の家_08

醍醐の家_09

醍醐の家_10

醍醐の家_11

醍醐の家_12

醍醐の家_13

醍醐の家_14