嵯峨の家U
・構造規模 : 木造2階建て
・建築面積 :
・延床面積 :
・所在地 : 京都市
・施工 : 片山工務店
・竣工 : 2015年
・撮影 : 母倉知樹


瀟洒な和風の邸宅が建ち並ぶ嵯峨、鳥居本にある木造住宅の一室と庭の改修計画です。
今回改修を行った和室は、この家の中で最も日当たりの良い場所に設けられていたにも関わらず、メインの生活スペースからは廊下を通ってしか出入りできなかったためにそれほど使われておらず、それゆえその和室からしか眺められない庭はあまり手入れをされないまま放置されていました。
そこで、間仕切り壁を整理してこの部屋をメインの生活スペースに接続し、居間、応接間として作り替えました。 庭に面した開口部廻りはアルミサッシを木製建具に入れ替え、新たに設けた深い庇、濡れ縁とともに、より気持ちよく庭を眺められるように注意深くデザインしています。
庭は草むしりの労力を少なくするべく部屋に近い手前側は石庭とし、奥は苔を用いて雑草を抑えつつ築山を設けて奥行き感を強調する構成をとっています。
各所に据えられている景石は元々この庭にあったものの他、クライアントのご実家に眠っていたものも移設し、再構成しています。


嵯峨の家U_01

嵯峨の家U_02

嵯峨の家U_03

嵯峨の家U_04

改修前


嵯峨の家U_05

嵯峨の家U_06