鶴見の家U
・構造規模 : 木造3階建て
・敷地面積 : 167.95u
・建築面積 : 100.78u
・延床面積 : 199.67u
・所在地 : 大阪市
・施工 : 勝部建設
・竣工 : 2014年
・撮影 : 母倉知樹

一つの敷地の中に隣合わせで建つ二軒の木造住宅の片方を減築して改修し(鶴見の家T)、もう片方は2世帯住宅として規模を拡大し建て替える(鶴見の家U)という計画です。
全体としては、ゆとりをもって残る「鶴見の家T」の前庭と、新たに設ける「鶴見の家U」の中庭を二軒の家で共有しながら、比較的建て込んだ住宅地の中にあっても、自然環境を十分に取り込んだ住まいにすることを目指しました。
敷地の南側には生活道路を隔ててJRの線路が通っているため、電車の騒音を少しでも緩和し電車内からの視線を気にせずに生活できるよう、親世帯である1階は敷地の奥のほうに新たに設ける中庭に対して開き、子世帯である2階には線路に近い南側に壁で囲い込まれた大きなテラスを設けて線路との緩衝地帯としています。
プライベートな屋外空間を適切に配置することで、それぞれの生活スペースに線路からできるだけ「引き」をとりながら、外部の環境との繋がりも得られるようになっています。


鶴見の家U_01

鶴見の家U_02

鶴見の家U_03

鶴見の家U_04

鶴見の家U_05

鶴見の家U_06

鶴見の家U_07

鶴見の家U_08

鶴見の家U_09

鶴見の家U_10

鶴見の家U_11

鶴見の家U_12

鶴見の家U_13

鶴見の家U_14

鶴見の家U_15

鶴見の家U_16

鶴見の家U_17

鶴見の家U_18

鶴見の家U_19

鶴見の家U_20

鶴見の家U_21

鶴見の家U_22

鶴見の家U_23

鶴見の家U_24

鶴見の家U_25