岡本の家
・構造規模 : 木造2階建て
・敷地面積 : 112.08u
・建築面積 : 57.55u
・延床面積 : 94.45u
・所在地 : 神戸市
・施工 : 伊藤嘉材木店
・竣工 : 2012年
・撮影 : 母倉知樹

比較的良好な環境が保たれた住宅地の、公道と路地によるT字路の角にこの住宅は建っています。 駐車スペースは南側の前面道路沿いに確保しましたが、玄関へは落ち着いた雰囲気のある東側の路地からアプローチする計画となっています。
玄関、廊下、階段といった内部の主要な動線はホールとして家の中央に集約し、ギャラリーのような空間としました。 主寝室や書斎、子供室といった個室群はこのホールによって分節され、それぞれの独立性がより明確になっています。
2階にはコンパクトな全体の大きさに対しては少し贅沢な広さのテラスを設け、それを囲むようにLDK、階段ホール、水廻りを配置しています。 これは、それほど広くない敷地の中にあっても外部空間とつながりのある住まいとするための工夫のひとつです。
テラスを囲む木製ルーバーはプライバシーを適度に確保しながらも、光と風を十分に取り込むことができ、 周囲に気兼ねすることなく外に向かって開放的な生活を楽しむことができます。 また、気候の良い時期には、このテラスがもう一つのリビングのような場所になってくれることを期待しています。


岡本の家_01

岡本の家_02

岡本の家_03

岡本の家_04

岡本の家_05

岡本の家_06

岡本の家_07

岡本の家_08

岡本の家_09

岡本の家_10

岡本の家_11

岡本の家_12

岡本の家_13

岡本の家_14

岡本の家_15

岡本の家_16